忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
御木裕樹
性別:
男性
職業:
和太鼓奏者・音楽家
趣味:
マジック・ゴルフ・テレビゲーム・麻雀・ものまね・釣り・映画やビデオを見る事・強く握手して泣く事
自己紹介:
1973年9月22日、東海道 品川宿 南品川宿出身
丑年、乙女座、A型
視力:左・右1.0
足のサイズ:25cm

好きな言葉:努力、根性、信は力なり。
特技:人間を見極める事、嘘を見抜く事、先を読む事。
短所:心配性、後悔する事。
譲れない事:礼儀、挨拶、義理、筋、人情、基本の大切さ、このブログ。

よく言われる事:昭和の漢、明治の漢、熱血、繊細、完璧主義、鋭い、神経質、面白い、変わらず信念を貫いてほしい。

嬉しい経験:ゴルフでエースを達成した事。シュノーケリング中に目の前にマンタが現れて一緒に泳いだ事。

苦い経験:過密な公演ツアー中にホテルで起きたら、次の公演場所に行く為に乗るはずだった飛行機の離陸時間を過ぎてた事(笑)
ちなみに次の便でリハーサルにはちゃんと間に合ったが、かなり反省した苦い経験。

痛い経験:ナムコの『太鼓の達人』が出た頃ゲーセンでやったら、後ろに並んでた女子高生2人組に「チョ~マジで上手くな~い!」と、語尾上げで誉められた事(笑)

面白い経験:仕事の打ち上げでみんなで高級クラブに飲みに行った時に、マジックはやらされるわ、モノマネはやらされるわで大汗かいて、全然打ち上がれなくて(笑)、挙句の果てに帰り際にホステスに「ありがとう!本当に楽しかったです!」って言われて、どっちが客だか分からなかった事(爆笑)

好きな生き物:ホホジロザメ
好きな色:紫、黒、金
好きな人:軽くてノリが良くて冗談ばかり言うが実は“本物”の人。飾らない人。
嫌いな人:挨拶ができない人、またはしない人、礼儀・作法が無い人、気が利かない人、マイペースな人、自己中心的な人、初対面でタメ口の人、売れたいと思ってる人、金・地位・名誉の為に人を裏切る人、ネバネバしてる人。

好きなテレビ:スクール★ウォーズ、西部警察(シリーズ)、ドリフ大爆笑、遠山の金さん(杉良太郎バージョン)
好きな映画:ターミネーター(1~2作)、ジョーズ(1作目)、猿の惑星(1~3作)、バタリアン(1作目)

好きな食べ物:納豆、梅干、白米、味噌汁、ハンバーグ、たこ焼き、すもも。
嫌いな食べ物:セロリ、蟹、甘いもの。
好きな飲み物:ポカリスエット、生ビール、水、コーヒー。
タバコ:MILD SEVEN
好きな音楽:HIPHOP、ラップ
好きな国:フランス領・ポリネシア(タヒチ)
好きな場所:静岡県・伊豆半島(特に伊東)、沖縄
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 退化 


最近
まだ詳しい内容は言えないが、某映像作品の音楽監修と、某アーティストに楽曲作品を納める為に、作曲・デモ音源創りを行っている。
スタジオでレコーディングに入る前に、これらの仕事をキッチリこなさなければいけない。
また別件でも、和太鼓だけの曲を仕上げなければいけない仕事があるから、これも同時進行中だ。


こういった仕事は長時間の作業が連日続くが、これまた楽しい。
日頃から集めている“ネタ”を生かす事が大事だ。
いい和太鼓のフレーズや楽曲のメロディー、コード進行などは、日頃の積み重ねや瞬間のひらめきだ。


仕事は楽しむのが一番だ。
仕事を趣味のように楽しむ事ができれば、捗るし良い結果が得られる。


コンサートで舞台上で演奏する時も、打ち合わせで喫茶店に居るときも、作曲してる時も、指導中も、いつも真剣に楽しむ事ができれば、まず仕事は成功する。
趣味や遊びの時間も、もちろん同じ事が言える。



俺は「打ち上げ」というものを凄く大事にしているし、大切な事だと思っている。
コンサートや仕事の後(後日の場合もある)に、その仕事に関わった人達(製作者・スタッフ・出演者など)と、食事をしてお酒などを飲み交わし、様々な反省点や感想・改良点や今後の話などをする。
知らない人から見れば、ただ飲んでるだけに見えるかもしれないが、打ち上げこそより仕事を円滑にさせ、現場を良くし、進化させ、新しい芸術を産む現場である。


最近は、資料作りやその資料を送ることもコンピュータだし、作曲も譜面を作るのもコンピュータだ。
しかし、人間が生きている社会は人間が作っている人間社会であるわけで、相手も人間だ。
コンピュータではない。
コンピュータを作ったのも、使うのも人間だし、これをどう使うのかも人間次第だ。

これだけの道具が発展・進化を遂げて便利な世の中になり社会環境は変わっても、大昔も現代もどんな時代でも人間の根本、人間自体はほとんど同じだ。
考える事・心・弱さ・汚さは原始の時代からなんら変わっていない。

大地震にも耐えられる丈夫な家に住むようになっても、心に少し傷が入れば人間は悩み、苦しむ。
世界で起きてる無差別テロよりも、自分の足に出来た魚の目のほうが気になるのが人間だ。
全自動洗濯機を使うようになったところで、デジタル信号のテレビを見たところで、人間の心は超アナログのままだ。
人間社会である以上、人間が人間と力を合わせて乗り越える部分や戦う部分、悩む部分。
人間の汚い部分や卑怯な部分。
考える事が出来る動物だからこそ、物事を発明・発展できる素晴らしい部分。
食べるものや生活形態などにより体型などは若干変化したが、欲の為に土地や金を奪い、絶えず戦争を起こす哀れな部分も、昔から何ら変わっていない。


いや、現在は物に頼って生きてる分、昔より今のほうがもっと弱いだろう。
水の確保、食料の確保、衣服の確保、寝床の確保、自然災害から身を守る術・・・
直接的に衣・食・住に関する事などの、人間の生活と安全を確保する部分で悩む事は昔より少ない。
全てにおいて衰え、一つ一つの意味も理由も有り難さも感謝も薄れている。
進化してるが退化してるって、破壊しててエコってのと一緒だ。




毎日、朝食で「卵」を頂いているが、毎日思う・・・。

「昔は卵なんか普通に食べられないくらい高級なもので、ご馳走だったんだよな。」
「心から感謝致します。」
「頂きます。」

・・・・・と。

昔と言っても、たった50~60年ほど前の話であって、そういう事を経験されている先輩が沢山いるわけだ。
この戦後の60年が、特にとんでもなく、とんでもなくなっちゃったって事だ。


キャンプで鶏を絞めて夕食で頂いたり、生きてる魚を料理したり、山に水を確保しにいって大切に頂いたり。
生き物・命の尊さと大切さ、そして有り難さ。
日頃、当たり前に頂いてるものが“実は感謝の連続”という事だ。


「お米を残すんじゃない!」
「水を無駄にするんじゃない!」


「エコの時代だからエコ」とかじゃ無い。
樽樽テレビの見過ぎ。


全ては感謝の心からだ。




命を金で買えると思うなよ!
クレーマー・ニート・オンリーワン・千の風・偽善者・タールマンども!





ありがとう
PR
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[175] [174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [166] [163] [161]

Copyright © 和太鼓奏者・御木裕樹 オフィシャルブログ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]