忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
御木裕樹
性別:
男性
職業:
和太鼓奏者・音楽家
趣味:
マジック・ゴルフ・テレビゲーム・麻雀・ものまね・釣り・映画やビデオを見る事・強く握手して泣く事
自己紹介:
1973年9月22日、東海道 品川宿 南品川宿出身
丑年、乙女座、A型
視力:左・右1.0
足のサイズ:25cm

好きな言葉:努力、根性、信は力なり。
特技:人間を見極める事、嘘を見抜く事、先を読む事。
短所:心配性、後悔する事。
譲れない事:礼儀、挨拶、義理、筋、人情、基本の大切さ、このブログ。

よく言われる事:昭和の漢、明治の漢、熱血、繊細、完璧主義、鋭い、神経質、面白い、変わらず信念を貫いてほしい。

嬉しい経験:ゴルフでエースを達成した事。シュノーケリング中に目の前にマンタが現れて一緒に泳いだ事。

苦い経験:過密な公演ツアー中にホテルで起きたら、次の公演場所に行く為に乗るはずだった飛行機の離陸時間を過ぎてた事(笑)
ちなみに次の便でリハーサルにはちゃんと間に合ったが、かなり反省した苦い経験。

痛い経験:ナムコの『太鼓の達人』が出た頃ゲーセンでやったら、後ろに並んでた女子高生2人組に「チョ~マジで上手くな~い!」と、語尾上げで誉められた事(笑)

面白い経験:仕事の打ち上げでみんなで高級クラブに飲みに行った時に、マジックはやらされるわ、モノマネはやらされるわで大汗かいて、全然打ち上がれなくて(笑)、挙句の果てに帰り際にホステスに「ありがとう!本当に楽しかったです!」って言われて、どっちが客だか分からなかった事(爆笑)

好きな生き物:ホホジロザメ
好きな色:紫、黒、金
好きな人:軽くてノリが良くて冗談ばかり言うが実は“本物”の人。飾らない人。
嫌いな人:挨拶ができない人、またはしない人、礼儀・作法が無い人、気が利かない人、マイペースな人、自己中心的な人、初対面でタメ口の人、売れたいと思ってる人、金・地位・名誉の為に人を裏切る人、ネバネバしてる人。

好きなテレビ:スクール★ウォーズ、西部警察(シリーズ)、ドリフ大爆笑、遠山の金さん(杉良太郎バージョン)
好きな映画:ターミネーター(1~2作)、ジョーズ(1作目)、猿の惑星(1~3作)、バタリアン(1作目)

好きな食べ物:納豆、梅干、白米、味噌汁、ハンバーグ、たこ焼き、すもも。
嫌いな食べ物:セロリ、蟹、甘いもの。
好きな飲み物:ポカリスエット、生ビール、水、コーヒー。
タバコ:MILD SEVEN
好きな音楽:HIPHOP、ラップ
好きな国:フランス領・ポリネシア(タヒチ)
好きな場所:静岡県・伊豆半島(特に伊東)、沖縄
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 新宿 



いよいよ「新宿コマ劇場」が、2008年いっぱいで閉館するとの事。
地下の「シアターアプル」も、もちろん同時に閉館する。
あの建物自体を取り壊し、再開発してビルでも建てるのだろう。


しかし、前々から噂は聞いてはいたものの、実際に「年内いっぱいで」とか具体的に閉館が決まると寂しい。
コマ劇もアプルもアマチュア時代から色々な公演を観に行っていたし、プロになってからは自分自身が何度も公演している。

確かに、老朽化していて舞台裏などは古い。
楽屋も昭和の昔からそのまんまだし、コマ楽屋裏とアプル楽屋裏を行き来できる通路などは、地震や災害が起これば逃げ場も無いくらいに狭いし、迷路みたいに入り組んでいる。


場所が日本一の歓楽街、新宿・歌舞伎町のど真ん中という事もあり、警察署からの通行許可証がないと通常は車両も入れない区域だ。
昼と夜の街の表情が全く違い、夜になれば昼の何倍にも人口が増える。
正に「眠らない街」だ。
車両通行止め区域だし、駐停車禁止場所。
おまけに繁華街・歌舞伎町のど真ん中という立地から、音響・照明・舞台道具・楽器などの搬入・搬出作業は困難な状況となる。
特に搬出はコンサート終了後の夜間になるから、街が酔っ払いと人でごった返している状況だ。
普通のコンサートのバラシ(撤去・梱包・搬出・積み込みなど)では考えられない“戦争状態”だ。
(もちろん、普段のコンサートでも搬入・搬出は普通に「戦争状態」なのは言うまでもないが)
コマの地下にある「シアターアプル」の搬入口などは階段だから、舞台大道具や大太鼓などの重い機材も全て人力で上げ下げしなければいけない

とにかくコマとアプルは、色んな意味で俺が下積みの頃にもかなり鍛えられた現場である。


映画やドラマでもこの歌舞伎町を舞台としたシーンが多く、そのほとんどに新宿コマが写りこんでくる。
JR新宿駅から新宿通りを渡り、靖国通りを渡り、正面にあの「新宿コマ」の看板が見えると「歌舞伎町だ」って感じがするんだよね。
「歌舞伎町一番街」の看板よりも「新宿コマ」の看板を見ると、「あ~新宿だ~」って感じ。
コマは歌舞伎町のシンボルみたいだよな。
あれが無くなるかと思うと寂しいし、開発されて変われば思い出もなくなるような気がするね。


しかしコマ劇場は、オープンから今年で52年経つらしい。
確かに、これまでよく頑張ってくれたよな。


新宿コマの出演者が、空き時間に食べに行く洋食屋さんが同じ建物内にある。
コマ劇場で公演した時に先輩から教えて頂いたお店で、これがまた美味しくて、量があって、安い!
楽屋裏からすぐに行けるし、関係者御用達のレストランとして昔から有名な所だ。
もちろん普通に営業しているお店だからいつでも誰でも行けるが、知らないとちょっと分からない所にある。
この洋食屋さんも無くなるのかと思うと寂しいな。
コマに出演しなくても歌舞伎町で演奏の仕事がある時などは、いつも食べに行ってるからな。

 


いや~、寂しいなぁ。

「龍が如く」(1.2)でもやるかな。
「新宿鮫」でも見るかな。

いや、やっぱり新宿に行こうかな。

 

全てに、心から「ありがとう!!!」

 

「新宿コマ劇場」 ありがとう!!!

「シアターアプル」 ありがとう!!!

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
そうなのですか・・・
初めて知りました。
コマは舞台、客席ともに一度だけお邪魔しました。壁に歴史が染み付いていますよね。

何はともあれコマ劇場さん、お疲れ様でした。
2008/06/13(Fri)00:22:03 編集
本当に“お疲れ様でした”ですね
ひろちゃん
何か・・・。
ホント寂しいんですよね。
新宿コマ劇場の舞台に上がる事を夢みて修行した先輩方が沢山いるという、芸人の“登龍門”のような所ですね。
今年2008年12月31日(大晦日)、「第41回 年忘れにっぽんの歌」の生放送を最後にして、閉館するそうです。
2008/06/13(Fri)00:59:09 編集
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[171] [170] [169] [168] [166] [163] [161] [160] [159] [158] [157]

Copyright © 和太鼓奏者・御木裕樹 オフィシャルブログ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]