忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
御木裕樹
性別:
男性
職業:
和太鼓奏者・音楽家
趣味:
マジック・ゴルフ・テレビゲーム・麻雀・ものまね・釣り・映画やビデオを見る事・強く握手して泣く事
自己紹介:
1973年9月22日、東海道 品川宿 南品川宿出身
丑年、乙女座、A型
視力:左・右1.0
足のサイズ:25cm

好きな言葉:努力、根性、信は力なり。
特技:人間を見極める事、嘘を見抜く事、先を読む事。
短所:心配性、後悔する事。
譲れない事:礼儀、挨拶、義理、筋、人情、基本の大切さ、このブログ。

よく言われる事:昭和の漢、明治の漢、熱血、繊細、完璧主義、鋭い、神経質、面白い、変わらず信念を貫いてほしい。

嬉しい経験:ゴルフでエースを達成した事。シュノーケリング中に目の前にマンタが現れて一緒に泳いだ事。

苦い経験:過密な公演ツアー中にホテルで起きたら、次の公演場所に行く為に乗るはずだった飛行機の離陸時間を過ぎてた事(笑)
ちなみに次の便でリハーサルにはちゃんと間に合ったが、かなり反省した苦い経験。

痛い経験:ナムコの『太鼓の達人』が出た頃ゲーセンでやったら、後ろに並んでた女子高生2人組に「チョ~マジで上手くな~い!」と、語尾上げで誉められた事(笑)

面白い経験:仕事の打ち上げでみんなで高級クラブに飲みに行った時に、マジックはやらされるわ、モノマネはやらされるわで大汗かいて、全然打ち上がれなくて(笑)、挙句の果てに帰り際にホステスに「ありがとう!本当に楽しかったです!」って言われて、どっちが客だか分からなかった事(爆笑)

好きな生き物:ホホジロザメ
好きな色:紫、黒、金
好きな人:軽くてノリが良くて冗談ばかり言うが実は“本物”の人。飾らない人。
嫌いな人:挨拶ができない人、またはしない人、礼儀・作法が無い人、気が利かない人、マイペースな人、自己中心的な人、初対面でタメ口の人、売れたいと思ってる人、金・地位・名誉の為に人を裏切る人、ネバネバしてる人。

好きなテレビ:スクール★ウォーズ、西部警察(シリーズ)、ドリフ大爆笑、遠山の金さん(杉良太郎バージョン)
好きな映画:ターミネーター(1~2作)、ジョーズ(1作目)、猿の惑星(1~3作)、バタリアン(1作目)

好きな食べ物:納豆、梅干、白米、味噌汁、ハンバーグ、たこ焼き、すもも。
嫌いな食べ物:セロリ、蟹、甘いもの。
好きな飲み物:ポカリスエット、生ビール、水、コーヒー。
タバコ:MILD SEVEN
好きな音楽:HIPHOP、ラップ
好きな国:フランス領・ポリネシア(タヒチ)
好きな場所:静岡県・伊豆半島(特に伊東)、沖縄

ひろちゃんの 「スクール★ウォーズ」


小学5年生の時に、ドラマを見て初めて泣いた。

ドラマを見て、衝撃的な感動を受けた。

それは、TBSで放送された「大映テレビ株式会社」のノンフィクションドラマ、

「泣き虫先生の7年戦争 スクール★ウォーズ」



kumano_hiro.jpg 












「泣き虫先生の7年戦争 スクール★ウォーズ」のロケで使用された「熊野神社」
この階段には、滝沢賢治と森田光男の、血と汗が染み込んでいるはず!



これまで俺の公式サイトの「ひろちゃんの部屋」の中にあったコーナーだが、これからはこのブログに、改めて新カテゴリーとしてUPしていこうと思う。
このドラマはメッセージ性も沢山含まれているし、定期的にDVDを全話みているので、色々な話や詳しいマニアックな事も書こうと思う。

2005年に、新宿のロフト系のライブハウス・NAKED LOFTで 「スクール☆ウォーズナイト!!」 というイベントも企画・開催した。この時の話も、その内また書きたいと思う。



また、滝沢賢治 役を演じた俳優の山下真司さんとお話した時に、自分のこのドラマに対する“想い”や“情熱”、“人生のバイブル”となっている事などをお話させて頂いた。

photo2-02.jpg
 










実際にこのドラマを通じて学んだ事が沢山有り、今でも学ばせて頂く事が沢山ある。
道徳的な事から人を信じる事、相手を思いやる事、励まし合う事、そして、「何事も一生懸命にやらなければ意味が無い」といった“やる気”や、人間誰しも、“やる気”になって「やればできる!」という“勇気”を与えてくれた。
命の大切さや、人間は何の為に生きているのか?という劇中の生徒の問いかけにも、山下さんが演じる滝沢先生が見事に答えてを出して下さる。
こんなドラマは他には無いし、このドラマは実話だから素晴らしいし、よりリアルだし、身近に感じる。

「スクール★ウォーズ」は、そんな人間として生きる、基本的な精神を教えてくれたような気がする。
そして、今の時代の日本には、一番無いもののような気がする。

俺が今まで和太鼓をずっと続けてこられたのも、このドラマの影響が強い事などを、山下さんに伝えた。
本当に喜んで下さり、「こういう人が居る事が嬉しいし、また男性だというのが嬉しい。」ともおっしゃって頂いた。
当時のお話や、山下さんの“想い”なども聴かせて頂き、やはり山下さんのお人柄と演技があってこその、ドラマ「スクール★ウォーズ」だと言うことを、改めて再認識させて頂きました。
山下さんがドラマで見せる涙は全て本物で、迫真の演技そのものです。
山下さん、本当にどうもありがとうございます!


「信は力なり」!(涙)


 

PR
≪ Back  │HOME│

[1] [2] [3]

Copyright © 和太鼓奏者・御木裕樹 オフィシャルブログ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]