忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
御木裕樹
性別:
男性
職業:
和太鼓奏者・音楽家
趣味:
マジック・ゴルフ・テレビゲーム・麻雀・ものまね・釣り・映画やビデオを見る事・強く握手して泣く事
自己紹介:
1973年9月22日、東海道 品川宿 南品川宿出身
丑年、乙女座、A型
視力:左・右1.0
足のサイズ:25cm

好きな言葉:努力、根性、信は力なり。
特技:人間を見極める事、嘘を見抜く事、先を読む事。
短所:心配性、後悔する事。
譲れない事:礼儀、挨拶、義理、筋、人情、基本の大切さ、このブログ。

よく言われる事:昭和の漢、明治の漢、熱血、繊細、完璧主義、鋭い、神経質、面白い、変わらず信念を貫いてほしい。

嬉しい経験:ゴルフでエースを達成した事。シュノーケリング中に目の前にマンタが現れて一緒に泳いだ事。

苦い経験:過密な公演ツアー中にホテルで起きたら、次の公演場所に行く為に乗るはずだった飛行機の離陸時間を過ぎてた事(笑)
ちなみに次の便でリハーサルにはちゃんと間に合ったが、かなり反省した苦い経験。

痛い経験:ナムコの『太鼓の達人』が出た頃ゲーセンでやったら、後ろに並んでた女子高生2人組に「チョ~マジで上手くな~い!」と、語尾上げで誉められた事(笑)

面白い経験:仕事の打ち上げでみんなで高級クラブに飲みに行った時に、マジックはやらされるわ、モノマネはやらされるわで大汗かいて、全然打ち上がれなくて(笑)、挙句の果てに帰り際にホステスに「ありがとう!本当に楽しかったです!」って言われて、どっちが客だか分からなかった事(爆笑)

好きな生き物:ホホジロザメ
好きな色:紫、黒、金
好きな人:軽くてノリが良くて冗談ばかり言うが実は“本物”の人。飾らない人。
嫌いな人:挨拶ができない人、またはしない人、礼儀・作法が無い人、気が利かない人、マイペースな人、自己中心的な人、初対面でタメ口の人、売れたいと思ってる人、金・地位・名誉の為に人を裏切る人、ネバネバしてる人。

好きなテレビ:スクール★ウォーズ、西部警察(シリーズ)、ドリフ大爆笑、遠山の金さん(杉良太郎バージョン)
好きな映画:ターミネーター(1~2作)、ジョーズ(1作目)、猿の惑星(1~3作)、バタリアン(1作目)

好きな食べ物:納豆、梅干、白米、味噌汁、ハンバーグ、たこ焼き、すもも。
嫌いな食べ物:セロリ、蟹、甘いもの。
好きな飲み物:ポカリスエット、生ビール、水、コーヒー。
タバコ:MILD SEVEN
好きな音楽:HIPHOP、ラップ
好きな国:フランス領・ポリネシア(タヒチ)
好きな場所:静岡県・伊豆半島(特に伊東)、沖縄
もうCS(有料放送・専門チャンネル)を見初めて10年以上になる。
そして5~6年前から完全にCSしか見なくなった。地上波は全く見ない。

もうすでにテレビのチャンネルは、視聴者が選ぶ時代に入っている。
これからはますますそういう時代になるだろう。
好きな番組を好きな時に見る事が出来る時代だし、視聴者が見たい番組を選び買う時代だ。

最初にCSを契約したキッカケは地上波がつまらないだけではなくて、ある大きな理由があった。

それは石原裕次郎さん制作の刑事ドラマ、『西部警察』(石原プロモーション)がCSで第一話から全話再放送される事になったのだ。今から10年以上前の話だ。
もちろんパート1〜3のシリーズ全て、全話放送だ。
これは、『西部警察』大好き人間としては黙ってはいられない。
リアルタイムでももちろん見ていたし、その昔は地上波でも夕方や午前中などに再放送されていてVHSに録画して楽しんできた。
まだ見た事が無い放送回もあったので、全て見てみたいという気持ちもあったし、この機会にDVDレコーダーでDVD-Rに保存して、全話コンプリートしようと決めた。

なぜ俺が『西部警察』が好きかと言うと、ただカッコイイとかカーアクションが派手とか刑事ものが好きとかいう理由では無い。

もちろん、このドラマが面白すぎてツボなのは言うまでもないのだが、俺が生まれた東京都品川区南品川の病院から距離にして数百メートル、俺が育ち生活していた家からも数百メートルの距離(隣の町会)に警視庁・西部警察署があり、毎日毎日自分の家の近くではロケーション(撮影)が行われ、よく撮影シーンを見学していたし、自分の通ってる学校の周りやスーパーマーケット、神社、道路、細い路地、空き地などなど…、オンエアを見れば出て来る所(ロケ地)が地元の風景ばかりなのだ。
地元の人じゃないと知らない抜け道や、マニアックな場所も沢山出てくる。
オンエアを見ると、友達の家や知り合いのマンション・車なんかもバッチリ映り込んでるからな。

何しろこの西部警察の影響で本物の警察官になった後輩や同級生もいるし、これを見て白バイに憧れて乗りたくて、本当に今、交通課に所属して白バイに乗ってるヤツもいる。
ある意味 夢を実現している、素晴らしい事だと 俺は思う。
俺よりも前の世代だと、『太陽にほえろ!』のボスこと、石原裕次郎さんに憧れて刑事になった人が数多くいるらしいな。

ちなみに、西部警察の後は『あぶない刑事』や『踊る大捜査線』に憧れて警察官になったというパターンも多い。

どんな世界も同じなんだよな。
「スクール☆ウォーズ」の影響でラグビーを始めて、ラガーマンになった人が大勢いるのも同じ様な事だな。


数百メートルの距離に西部警察署があったと言っても、もちろんロケ地の事だ。
これは、旧:東洋現像所(現:株式会社IMAGICA・イマジカ)の「旧:品川ビデオセンター」(現:品川プロダクションセンター)の建物外観が「西部警察署」庁舎として使用されていた。
オープニングテーマ(タイトルバック)と共に、西部警察署の階段から木暮課長(石原裕次郎さん)をはじめ大門軍団が降りてくるシーンももちろんこの建物で、出演者が変わる度にオープニング階段シーンも頻繁に撮影し直していた。
尚、当時の建物は取り壊され新たに建て替えられた為、現在は残っていない。

とにかく地元も地元で、自分の家から路地を出た所や、いつも遊んでいる公園で普通にロケをやってたから、面白かったな~。
もっと面白いのは、目の前で撮影しててもそれに対して女の子はほとんど興味を示さない人が多かったな。
ロケを興味津々で観てるのは、ほとんどが男の子だったし、大人達のギャラリーも、いつも男だらけだった。

やっぱ男は基本的に車や船、飛行機などの乗り物が好きだし、マシンやカーチェイスも好きだし、プロレスや格闘ものも好きだ。
小学校低学年で、すでにしっかりと趣味が別れるから面白いな。
女の子は人形やおままごとだし、絵を書いたりかな。
もちろん逆もあるけどな。
まあ俺もおはじきや、ゴム飛び、あやとりもよくやったけど、やっぱり男は目の前に警察車両が並びドンパチやってたら興奮もするわな。

セリフも生で聞こえるし、結果的にオンエアされずにカットされてしまうシーンもあるが撮影はカメリハも含めて、かなりの時間を要する事も小学生ながらに知った。
カースタントやアクションシーンも目の前で見て、迫力があった。
時には爆破、横転、炎上、銃撃戦、緊急走行シーン、捕り物劇、バイク追跡、白バイアクション、スタントマンが演じる車両のジャンプやクラッシュシーン、かなり危険なシーンなどなど色々と目の前で見れた。ロケを見学してて飛び入りで通行人のエキストラを頼まれたりしてる大人もいたからな。

とにかく数多く出てくるのが、南品川、東品川などの地元。
西部署から出動するシーンも数多い。
そして海岸通り、旧海岸通り、なぎさ通りなども多数出てくる。
そして、品川埠頭、大井埠頭、五反田、大崎、港区は港南、芝浦が特に多い。
浜松町と羽田を結ぶ「東京モノレール」も、よく映像に映りこんでくる。

そんな所縁があって、余計に好きなドラマなのだ。


このヤナセの看板を見て『西部警察』を思い出す人は多いかな。
数々のカーチェイス場面に映り込んでくる。
ちなみに、この港区芝浦一丁目の株式会社ヤナセ・本社だが、新社屋を建設し近年中に全て建て直しになる為、このブルーの看板もそろそろ見納めとなってしまうだろう。
何だか淋しいなぁ。

全然関係無いけど、新宿コマ劇場とシアターアプルが無くなった事だけで、かなりショックだからなー。想い入れもあるし、数々のステージを経験した場所でもあったからな。


しかし今思うと小学校低学年の段階で、生で石原裕次郎さんの演技を頻繁に拝見出来た事は幸せな出来事だった。渡哲也さんや、舘ひろしさんの演技ももちろんだ。

記念すべき第一話では、装甲車が銀座や国会議事堂の前を実際に走る伝説のシーンがある。

CSで毎週一回一話ずつ放送されるものを、一話も逃さずに録画し保存するのはかなり大変な作業だったし、長かったなぁ~。
DVD-Rも今と違って最初は高かったし。
CS再放送が始まったのは今から10~11年前で、まだHDD搭載のDVDレコーダーが世に出たばかりの時代で、DVD-Rが一枚1000円~1500円くらいしてたからな。
そのうち、五枚で2480円とかになったりして、安~い!って思ったけど、それでも一枚500円~600円はしてた。

って事は、コンプリートするのにDVD-Rだけで10万円くらいかかってるのか!(笑)
そりゃ、かかるわな…。

毎週1回1話ずつ再放送されたから月に4話進む。年末年始などは特別番組編成で放送されない週もあったから年にだいたい40話くらい放送された。

スペシャル版を含めて、全236話あるから、全話録画してDVDコンプリートするのに約6年間かかった。

最高画質でレコーダーのHDDに毎週録画し、放送前後の関係無いCMなどは映像一コマ単位で、もちろんキッチリカット。
そして、タイトルを付けてチャプターを付けて一枚ずつDVD-Rに焼く。
気が遠くなるほど地道な作業だ(笑)

DVD-R代は、トータルで10万円以上になるわけか。
西部警察の為に契約したCS(有料放送)契約料は、6年分だと約30万円になる。
西部警察の為にHDD搭載DVDレコーダーを約10万円で購入。
6年間の間には途中でDVDレコーダーが壊れ、買い替えでさらに10万円ほど。

トータルでざっと計算しても60万円。
年月にして、約6年間。

執念とまで言える気合で、全話コンプリートした。

っていうか、こんなにお金と労力を使ったのね。

もちろん家宝だが!


今年になり、この『西部警察』がセレクションDVDBOXとして次々と発売されているのだが、なぜこんな半端な発売の仕方なのだろうか???全く理解に苦しむ。
ここまでやるのなら、全話DVD発売してほしいと願うばかりだ。

ちなみに、もし全話DVDの商品として発売されたら、俺は即日購入する。
現在発売されているセレクションDVDBOXが、6枚組(24話収録)で2万4千円ほど。
このBOXが、来年にかけて数ヶ月おきに次々と発売されるとの事。
全部購入すると、約20万円くらいか。

仮に全話コンプリートBOXが発売された場合は、おそらく値段にして25万円前後にはなるだろうが、買うな~、絶対に速攻で。必ず買う。

現在のセレクション版は、全く買う気がしないな。
フルコンプリートじゃなければ意味が無いのだ。

ちなみに、『西部警察』のDVD化はされないと諦めかけていた。しかしセレクション版とはいえ発売された訳だから、もしかしたらもしかするかな。


という訳で、第一回『西部警察』話は、おわり!








PR

Copyright © 和太鼓奏者・御木裕樹 オフィシャルブログ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]