忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
御木裕樹
性別:
男性
職業:
和太鼓奏者・音楽家
趣味:
マジック・ゴルフ・テレビゲーム・麻雀・ものまね・釣り・映画やビデオを見る事・強く握手して泣く事
自己紹介:
1973年9月22日、東海道 品川宿 南品川宿出身
丑年、乙女座、A型
視力:左・右1.0
足のサイズ:25cm

好きな言葉:努力、根性、信は力なり。
特技:人間を見極める事、嘘を見抜く事、先を読む事。
短所:心配性、後悔する事。
譲れない事:礼儀、挨拶、義理、筋、人情、基本の大切さ、このブログ。

よく言われる事:昭和の漢、明治の漢、熱血、繊細、完璧主義、鋭い、神経質、面白い、変わらず信念を貫いてほしい。

嬉しい経験:ゴルフでエースを達成した事。シュノーケリング中に目の前にマンタが現れて一緒に泳いだ事。

苦い経験:過密な公演ツアー中にホテルで起きたら、次の公演場所に行く為に乗るはずだった飛行機の離陸時間を過ぎてた事(笑)
ちなみに次の便でリハーサルにはちゃんと間に合ったが、かなり反省した苦い経験。

痛い経験:ナムコの『太鼓の達人』が出た頃ゲーセンでやったら、後ろに並んでた女子高生2人組に「チョ~マジで上手くな~い!」と、語尾上げで誉められた事(笑)

面白い経験:仕事の打ち上げでみんなで高級クラブに飲みに行った時に、マジックはやらされるわ、モノマネはやらされるわで大汗かいて、全然打ち上がれなくて(笑)、挙句の果てに帰り際にホステスに「ありがとう!本当に楽しかったです!」って言われて、どっちが客だか分からなかった事(爆笑)

好きな生き物:ホホジロザメ
好きな色:紫、黒、金
好きな人:軽くてノリが良くて冗談ばかり言うが実は“本物”の人。飾らない人。
嫌いな人:挨拶ができない人、またはしない人、礼儀・作法が無い人、気が利かない人、マイペースな人、自己中心的な人、初対面でタメ口の人、売れたいと思ってる人、金・地位・名誉の為に人を裏切る人、ネバネバしてる人。

好きなテレビ:スクール★ウォーズ、西部警察(シリーズ)、ドリフ大爆笑、遠山の金さん(杉良太郎バージョン)
好きな映画:ターミネーター(1~2作)、ジョーズ(1作目)、猿の惑星(1~3作)、バタリアン(1作目)

好きな食べ物:納豆、梅干、白米、味噌汁、ハンバーグ、たこ焼き、すもも。
嫌いな食べ物:セロリ、蟹、甘いもの。
好きな飲み物:ポカリスエット、生ビール、水、コーヒー。
タバコ:MILD SEVEN
好きな音楽:HIPHOP、ラップ
好きな国:フランス領・ポリネシア(タヒチ)
好きな場所:静岡県・伊豆半島(特に伊東)、沖縄
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ひろちゃんの 「ゲームの部屋」 「ファミコン(ファミリーコンピュータ)」


ファミコン(ファミリーコンピュータ)
(発売日1983年7月15日/任天堂)

1983年、任天堂株式会社から発売され、合計で6300万台出荷された大ヒット家庭用ゲーム機。
8ビットCPUを搭載し、アーケードゲームからの移植も多い。
ソフトは全1246タイトル発売された。

ファミコンが発売された当時小学5年生だった。
コントローラーも1980年に任天堂が発売した「ゲーム&ウオッチ」を原型としていて、なじみ易かった。コントローラー形状はその後のゲーム機の原点だね。

今となってはレトロゲームとして、ファミコンのグラフィックやサウンドがチープに感じるかもしれないが、当時の家庭用ゲーム機としては画期的で、アーケードゲームの移植も可能とするほどであった。

そうねぇ~。思い出のソフトを適当に選んで年代順に書いてみるかな(笑)



「マリオブラザーズ」(1983年・任天堂)
一番最初に本体と一緒に買ったのがこのソフト。2人同時プレイが出来て楽しかった。
最初は小さい箱で3800円だったけど、後に箱が大きくなって4500円になった。(同じように値上げした初期ソフトが沢山ある)

「ドンキーコング」(1983年・任天堂)
アーケードからの移植だったけど、本来の2面がカットされちゃった。
好きだったんだけどな~。あのカレーライスみたいなのが流れてくる2面が(笑)

「テニス」(1984年・任天堂)
ダブルスが面白い!今やっても面白い!かなりやりこんだ。

「ゴルフ」(1984年・任天堂)
チープなサウンドがたまらないねぇ。でも、よく出来てたなぁ~。
残り距離を感覚だけでクラブ選択しなければいけない・・・逆にリアル。
よく対戦して盛り上がった。

「スーパーマリオブラザーズ」(1985年・任天堂)
メッチャメチャ面白かったねぇ。650万本売り上げたらしい。
ワープ無し、無限UP無しでクリアしてこそ真のゲーマー!

「ポートピア連続殺人事件」(1985年・エニックス)
後にドラクエシリーズで大変お世話になるエニックスからのソフト。
っていうか・・・面白かったけど犯人がヤバ過ぎる。純情・純粋な俺の心が(笑)
ここからだよなぁ、人の事を信用出来なくなったのは(嘘)

「ボンバーマン」(1985年・ハドソン)
爽快なゲームだね!ハドソンからの第一弾ソフト、堂々と登場だね。
その後も続編をプレイしてるが、記事掲載は割愛する。

「アイスクライマー」(1985年・任天堂)
2人プレイが面白かった。 相棒を絶対に置き去りにできないんだよなぁ~!
見捨てる事はできないね。自分の性格上(笑)

「プロ野球ファミリースタジアム」(1986年・ナムコ)
ファミスタだよファミスタ!フェミスタシリーズ記念すべき第一弾。なんと3900円!安い!
しかもナムコのシリーズ(ソフト)はかっこいいケースだったしね。
現在の野球ゲームの原点だし、操作性、ゲーム性など完成度はかなり高い。
ちなみにファミスタシリーズはこの後も全てプレイしてて大好きなソフトだが、続編の掲載は割愛する。

「ドラゴンクエスト」(1986年・エニックス)
出た~!最高傑作RPGの一作目。
ファミコンがまた新たな時代に突入した瞬間だったね。

「ドラゴンバスター」(1987年・ナムコ)
アーケード版では全てを知り尽くし、無制限ループプレイとかしちゃってたから、ファミコンに移植されるのを知って嬉しかったね。
ま~容量的にも、CPU的にも制限があるからしかたないけど、正直言ってファミコン版は別のゲームだね。
逆にアーケードゲームの凄さを思い知った。

「ドラゴンクエストⅡ」(1987年・エニックス)
 ファミコンのソフト、全1246タイトルの中で一番好きなゲーム。
 喜怒哀楽がある。感動する。やる気が出る。
 当時学校ではこの話でもちきりだった。ドラクエⅡ万歳!!

「井出洋介名人の実戦麻雀」(1987年・カプコン)
東大卒業のプロ雀士・井出洋介名人が監修した麻雀ソフト。
専用コントローラー付きで、熱くなった。
クイズや点数計算、理想の捨牌なども勉強出来てかなり遊べる。

「マイクタイソン・パンチアウト!!」(1987年・任天堂)
ゲーセン版「パンチアウト!!」はかなりやり込んでたから腕には自信があった。
速攻でマイク・タイソンまで行くも、速攻でKO負け。タイソンに勝つまでやり続けた(笑)

「ドラゴンクエストⅢ」(1988年・エニックス)
発売日に徹夜で並ぶなど、社会現象にまで発展したもんなぁ~。
バッテリーバックアップ・・・。いいんだけど電池の寿命がある。それにバグると簡単に「冒険の書」消えるし。
面倒くさいけど「復活の呪文」のほうがいい。極端な話、呪文を入れれば今でも続きをプレイできるんだから。
いやいやいや、ゲームのほうは最高だよ!

「ドラゴンクエストⅣ」(1990年・エニックス)
ホイミン大好き!
カジノのポーカーが好きで、今だにプレイする(笑)
 

 

【番外編】 ファミリーコンピュータ・ディスクシステム(任天堂)
「ゼルダの伝説」
(1986年・任天堂)
これはロムカセットではなく、ディスクシステムのゲーム。
架空の世界を体験する事が出来たと言える、任天堂RPGの傑作。
やり込めばやり込むほど面白く、ハマったゲーム。
ゲームを立ち上げた時のオープニングが好きで何度も繰り返し見てた! 

 
 
ちなみに番外の番外で書いとくけど、ファミコン以前の家庭用ゲーム機で傑作といえば・・・

カセットビジョン(エポック社)の、「きこりの与作」(1981年・エポック社)だ!






PR
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[240] [239] [238] [480] [479] [478] [477] [476] [211] [236] [202]

Copyright © 和太鼓奏者・御木裕樹 オフィシャルブログ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]