忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
御木裕樹
性別:
男性
職業:
和太鼓奏者・音楽家
趣味:
マジック・ゴルフ・テレビゲーム・麻雀・ものまね・釣り・映画やビデオを見る事・強く握手して泣く事
自己紹介:
1973年9月22日、東海道 品川宿 南品川宿出身
丑年、乙女座、A型
視力:左・右1.0
足のサイズ:25cm

好きな言葉:努力、根性、信は力なり。
特技:人間を見極める事、嘘を見抜く事、先を読む事。
短所:心配性、後悔する事。
譲れない事:礼儀、挨拶、義理、筋、人情、基本の大切さ、このブログ。

よく言われる事:昭和の漢、明治の漢、熱血、繊細、完璧主義、鋭い、神経質、面白い、変わらず信念を貫いてほしい。

嬉しい経験:ゴルフでエースを達成した事。シュノーケリング中に目の前にマンタが現れて一緒に泳いだ事。

苦い経験:過密な公演ツアー中にホテルで起きたら、次の公演場所に行く為に乗るはずだった飛行機の離陸時間を過ぎてた事(笑)
ちなみに次の便でリハーサルにはちゃんと間に合ったが、かなり反省した苦い経験。

痛い経験:ナムコの『太鼓の達人』が出た頃ゲーセンでやったら、後ろに並んでた女子高生2人組に「チョ~マジで上手くな~い!」と、語尾上げで誉められた事(笑)

面白い経験:仕事の打ち上げでみんなで高級クラブに飲みに行った時に、マジックはやらされるわ、モノマネはやらされるわで大汗かいて、全然打ち上がれなくて(笑)、挙句の果てに帰り際にホステスに「ありがとう!本当に楽しかったです!」って言われて、どっちが客だか分からなかった事(爆笑)

好きな生き物:ホホジロザメ
好きな色:紫、黒、金
好きな人:軽くてノリが良くて冗談ばかり言うが実は“本物”の人。飾らない人。
嫌いな人:挨拶ができない人、またはしない人、礼儀・作法が無い人、気が利かない人、マイペースな人、自己中心的な人、初対面でタメ口の人、売れたいと思ってる人、金・地位・名誉の為に人を裏切る人、ネバネバしてる人。

好きなテレビ:スクール★ウォーズ、西部警察(シリーズ)、ドリフ大爆笑、遠山の金さん(杉良太郎バージョン)
好きな映画:ターミネーター(1~2作)、ジョーズ(1作目)、猿の惑星(1~3作)、バタリアン(1作目)

好きな食べ物:納豆、梅干、白米、味噌汁、ハンバーグ、たこ焼き、すもも。
嫌いな食べ物:セロリ、蟹、甘いもの。
好きな飲み物:ポカリスエット、生ビール、水、コーヒー。
タバコ:MILD SEVEN
好きな音楽:HIPHOP、ラップ
好きな国:フランス領・ポリネシア(タヒチ)
好きな場所:静岡県・伊豆半島(特に伊東)、沖縄
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



最近、色々な所で自分の太鼓の音が聞こえてくる。
どっかで聞いたことがあるフレーズだなぁ?って思うと、なつかしい自分の和太鼓ソロだったりする。
小中学校や、高校。
地方でも、いきなり自分の演奏が聞こえてきてビックリした。
運動会や文化祭でやるんだろうなぁ。

実はこれは、現在全国的にかなり流行っている、ソーラン節で踊る 通称:「南中ソーラン」という演目の練習をしているのだ。
その踊りの音源が、自分が15歳~21歳まで6年間所属していた伊藤多喜雄バンドのソーラン節音源を使用している。
自分はこのバンドで2枚のCDアルバムレコーディングに参加したが、ソーラン節は2枚両方のアルバムに収録されている。
その後も新しいアルバムがあるから、多喜雄バンドのソーラン節にも自分が参加していない色々なバージョンが存在する。
でもなぜか使用されている音源を耳にすると、自分がレコーディングした2バージョンのどちらかというケースが多い。

今、全国の学校で大流行りの南中ソーランだが、この南中とは北海道・稚内南中学校 郷土芸能部(学び座)の事だ。
同校が多喜雄バンドの「ソ-ラン節」で第9回日本民謡民舞大賞(テレビ東京)に出場し審査員奨励賞受賞。
第10回日本民謡民舞大賞(テレビ東京)では日本民謡民舞大賞受賞。(優勝)
現在映画化やドラマ化されTV等でも取り上げられ、この「南中ソーラン」が全国各地の学校等で大ブームとなっている。
当時自分は多喜雄バンドに所属していたから、「南中ソーラン」初期段階の製作に関わっていたし何回も稚内に足を運んでお稽古を重ねたし、大会当日も多喜雄バンドのメンバーとして和太鼓演奏した。

よくこの「南中ソーラン」の事を「よさこいソーラン」と表現しているのを見るがこれは誤りである。
よさこいソーランとは北海道「YOSAKOIソーラン祭り」の事で、南中ソーランとは異なるものだ。
しかし、多喜雄バンドの音源はこの「YOSAKOIソーラン祭り」の出場チームにも愛用されているので間違えやすい。


同校・同芸能部は、プロの振付にプロの指導、プロの伴奏という最高のスタッフ陣に囲まれていたが、実はもう一つ重要なエピソードがあり、同校が学園荒廃を乗り越え郷土芸能部を作りソーラン節の踊りで優勝するという“実話”だ。
自分の人生のバイブルでもある「スクール★ウォーズ」(大映テレビ製作・TBSドラマ)にも少し似ている。

テレビドラマ化されたのをキッカケに、急激に全国の学校等でこの南中ソーラン踊りを真似して取上げるようになった。


色々な所で自分の太鼓の演奏が聞こえてくるのは、このソーラン節の事だったのだ。
自分の大太鼓ソロなどは聞けばすぐに分かるし、遠くから風に乗って聞こえてくるだけで分かるものだ。
さすがに車で信号待ち中に近くの学校から自分の演奏が聞こえて来た時は、何か嬉しかったな~。
あれで踊ってくれているんだなぁ~ってね。


仮にどこかで「南中ソーラン」の練習をしていて、多喜雄バンドのソーラン節であったとしても色々なバージョンがあるから、ソーラン節で太鼓が聞こえて来たからといって全て自分の演奏ではない。
現に、自分が参加していないバージョンのものも聞こえて来た事がある。
このブログを読んでくれている「ひろちゃんマニア」なら一発でわかる(笑)

感謝致します。

 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
御木先生でしたか!
南中ソーランの初期テイクは御木先生の太鼓だったんですね。激しく納得しました。今年の初め、南中ソーランのビデオを貸してもらって子供達と何回も繰り返し見ていたので、まだ記憶に新しく残ってます。
2007/10/09(Tue)02:35:34 編集
無題
ひろちゃん
いやいやいや!
高橋さん、嬉しいですよ。
南中ソーランは大人気ですねぇ!

いやぁ、久々に自分も日本民謡民舞大賞で優勝した時のビデオでも引っ張り出して見てみます!(笑)
2007/10/09(Tue)04:15:37 編集
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[63] [62] [60] [59] [58] [57] [55] [54] [53] [52] [51]

Copyright © 和太鼓奏者・御木裕樹 オフィシャルブログ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]