忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
御木裕樹
性別:
男性
職業:
和太鼓奏者・音楽家
趣味:
マジック・ゴルフ・テレビゲーム・麻雀・ものまね・釣り・映画やビデオを見る事・強く握手して泣く事
自己紹介:
1973年9月22日、東海道 品川宿 南品川宿出身
丑年、乙女座、A型
視力:左・右1.0
足のサイズ:25cm

好きな言葉:努力、根性、信は力なり。
特技:人間を見極める事、嘘を見抜く事、先を読む事。
短所:心配性、後悔する事。
譲れない事:礼儀、挨拶、義理、筋、人情、基本の大切さ、このブログ。

よく言われる事:昭和の漢、明治の漢、熱血、繊細、完璧主義、鋭い、神経質、面白い、変わらず信念を貫いてほしい。

嬉しい経験:ゴルフでエースを達成した事。シュノーケリング中に目の前にマンタが現れて一緒に泳いだ事。

苦い経験:過密な公演ツアー中にホテルで起きたら、次の公演場所に行く為に乗るはずだった飛行機の離陸時間を過ぎてた事(笑)
ちなみに次の便でリハーサルにはちゃんと間に合ったが、かなり反省した苦い経験。

痛い経験:ナムコの『太鼓の達人』が出た頃ゲーセンでやったら、後ろに並んでた女子高生2人組に「チョ~マジで上手くな~い!」と、語尾上げで誉められた事(笑)

面白い経験:仕事の打ち上げでみんなで高級クラブに飲みに行った時に、マジックはやらされるわ、モノマネはやらされるわで大汗かいて、全然打ち上がれなくて(笑)、挙句の果てに帰り際にホステスに「ありがとう!本当に楽しかったです!」って言われて、どっちが客だか分からなかった事(爆笑)

好きな生き物:ホホジロザメ
好きな色:紫、黒、金
好きな人:軽くてノリが良くて冗談ばかり言うが実は“本物”の人。飾らない人。
嫌いな人:挨拶ができない人、またはしない人、礼儀・作法が無い人、気が利かない人、マイペースな人、自己中心的な人、初対面でタメ口の人、売れたいと思ってる人、金・地位・名誉の為に人を裏切る人、ネバネバしてる人。

好きなテレビ:スクール★ウォーズ、西部警察(シリーズ)、ドリフ大爆笑、遠山の金さん(杉良太郎バージョン)
好きな映画:ターミネーター(1~2作)、ジョーズ(1作目)、猿の惑星(1~3作)、バタリアン(1作目)

好きな食べ物:納豆、梅干、白米、味噌汁、ハンバーグ、たこ焼き、すもも。
嫌いな食べ物:セロリ、蟹、甘いもの。
好きな飲み物:ポカリスエット、生ビール、水、コーヒー。
タバコ:MILD SEVEN
好きな音楽:HIPHOP、ラップ
好きな国:フランス領・ポリネシア(タヒチ)
好きな場所:静岡県・伊豆半島(特に伊東)、沖縄
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 無神経 


野外、屋内に限らず、ライブやイベント会場などで、人の手が届くような場所に和太鼓がセッティングされていると一般の人達がまず触る。そして手で叩く。

和太鼓の打面を手で触る事はタブーである。
奏者である自分も必要な時以外は触れないし、触れるにしても細心の注意と敬意の心で触れる。
もちろんセッティング時やメンテナンス、または演奏時に触れる事もあるが、不必要には触れない。
打面を手で叩く場合もあるが、これは演奏であるのだから論外である。

イベントとかで楽器をセッティングしておいたり、舞台裏に置いておいたりすると
知らない人がベタベタと触ったり、打面を手で擦ったり、手で叩いたり。
中には置いてある自分のバチを手に取り、叩いた人もいる。

他人には絶対にバチも持たせないし、演奏させない。
バチにも汗や油分などの汚れも付着するし、その奏者のコンディションになる。
他人に演奏させれば当然そのコンディションも変ってしまうし、そのバチはもう使えなくなる。
太鼓も同じだ。
どんな職人でも同じ事だが、プロの包丁やハサミなどもその人のセッティングになっているに違いない。
それに和太鼓は叩けば叩くほど、使い込めば使い込むほど良い音になる。
新品状態から皮がなじんで舞台で使用できるようになるまでは、かなりの時間と労力を必要とする。
楽器自体も、もともと高額な物だが、現在のコンディションにするまでには何年もの時間がかかっている。


大体は「おっ!太鼓だ」 「へぇ~」みないな感じで、軽く面白がって遊び半分で叩く(触る)のだが。
「町内のお祭りの太鼓」と変らないと思ってるんだろうが、とんでもない話だ。
人が人生をかけてる楽器を何だと思ってる?
自分に対する侮辱と、神に対する冒涜行為である。


もしこれが「チェロ」だったら触るだろうか?弦をはじくだろうか?
尺八だったら触るだろうか?吹くか?
太鼓奏者にとって叩く、打つという演奏行為は、尺八奏者の吹くという演奏行為と同じ事だ。
ただ、太鼓は原始的な作りであるし、全国どこのお祭りでもわりと誰でも叩けるくらいに広がっているから、何か身近に感じるのかもしれない。
が、ダメだ。
太鼓は大きく、重く、使用楽器数も多い為、いちいち楽器を楽屋に持って帰るわけにもいかない。
飛行機で機内持込できるような数量、大きさ、重さの楽器であれば、楽屋やホテルに持ち帰り、楽器を肌身離さず持ち歩く事ができるから問題ないのだが。


プロ奏者。商売道具。
まー、この辺の認識が低い事も和太鼓の特徴と言える。
和太鼓は誰でも一度は見た事があると思うし、少なくとも知ってるだろう。
しかし、和太鼓を演奏して生計を立てているプロフェッショナルがいることはその逆の認知数で、ほとんどの人が知らない。

でもこれだけは言いたい。
どんな道にもプロフェッショナルがいるし、それで生活をしている人がいる。
敬意と感謝の心を持って行動しろ。
プロ奏者の和太鼓をカラオケボックスのタンバリンと同じに思っていると、バチが当るよ。
それに傷をつけたり、汚したりすれば、それはそれは高い高い請求書が行く事になるよ。

ありがとう

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
その通り!
100%完璧に同意します。特に太鼓はベタベタ触られる率、高いでしょうね。値段を太鼓に張っておいたらどうでしょう?(笑)
2007/10/02(Tue)17:52:35 編集
嬉しいです!
ひろちゃん
高橋さん
いつもコメントをありがとうございます!
太鼓はただでさえ全国的に乱雑に扱われる事が多いので悲しくなります。
この辺も和太鼓講習会(ワークショップ)などではいつも徹底的に指導しています。
我国、日本の誇れる伝統楽器を日本人が大切にしてほしいですね。
2007/10/02(Tue)20:54:26 編集
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[53] [52] [51] [50] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42]

Copyright © 和太鼓奏者・御木裕樹 オフィシャルブログ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]