忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
御木裕樹
性別:
男性
職業:
和太鼓奏者・音楽家
趣味:
マジック・ゴルフ・テレビゲーム・麻雀・ものまね・釣り・映画やビデオを見る事・強く握手して泣く事
自己紹介:
1973年9月22日、東海道 品川宿 南品川宿出身
丑年、乙女座、A型
視力:左・右1.0
足のサイズ:25cm

好きな言葉:努力、根性、信は力なり。
特技:人間を見極める事、嘘を見抜く事、先を読む事。
短所:心配性、後悔する事。
譲れない事:礼儀、挨拶、義理、筋、人情、基本の大切さ、このブログ。

よく言われる事:昭和の漢、明治の漢、熱血、繊細、完璧主義、鋭い、神経質、面白い、変わらず信念を貫いてほしい。

嬉しい経験:ゴルフでエースを達成した事。シュノーケリング中に目の前にマンタが現れて一緒に泳いだ事。

苦い経験:過密な公演ツアー中にホテルで起きたら、次の公演場所に行く為に乗るはずだった飛行機の離陸時間を過ぎてた事(笑)
ちなみに次の便でリハーサルにはちゃんと間に合ったが、かなり反省した苦い経験。

痛い経験:ナムコの『太鼓の達人』が出た頃ゲーセンでやったら、後ろに並んでた女子高生2人組に「チョ~マジで上手くな~い!」と、語尾上げで誉められた事(笑)

面白い経験:仕事の打ち上げでみんなで高級クラブに飲みに行った時に、マジックはやらされるわ、モノマネはやらされるわで大汗かいて、全然打ち上がれなくて(笑)、挙句の果てに帰り際にホステスに「ありがとう!本当に楽しかったです!」って言われて、どっちが客だか分からなかった事(爆笑)

好きな生き物:ホホジロザメ
好きな色:紫、黒、金
好きな人:軽くてノリが良くて冗談ばかり言うが実は“本物”の人。飾らない人。
嫌いな人:挨拶ができない人、またはしない人、礼儀・作法が無い人、気が利かない人、マイペースな人、自己中心的な人、初対面でタメ口の人、売れたいと思ってる人、金・地位・名誉の為に人を裏切る人、ネバネバしてる人。

好きなテレビ:スクール★ウォーズ、西部警察(シリーズ)、ドリフ大爆笑、遠山の金さん(杉良太郎バージョン)
好きな映画:ターミネーター(1~2作)、ジョーズ(1作目)、猿の惑星(1~3作)、バタリアン(1作目)

好きな食べ物:納豆、梅干、白米、味噌汁、ハンバーグ、たこ焼き、すもも。
嫌いな食べ物:セロリ、蟹、甘いもの。
好きな飲み物:ポカリスエット、生ビール、水、コーヒー。
タバコ:MILD SEVEN
好きな音楽:HIPHOP、ラップ
好きな国:フランス領・ポリネシア(タヒチ)
好きな場所:静岡県・伊豆半島(特に伊東)、沖縄
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前売り完売状態だった2月26日 「六本木 スイートベイジル STB139」での「和太鼓 御木裕樹 ライブ」は数十名のスタッフ、そして出演者、ゲストの皆様、当日足を運んで頂いたお客様と共に完全に燃焼したと言える。
心から感謝致しております。


いつも熱く燃えたぎる思いがある・・・。
それは、心の底でドロドロに燃えている。
それは何か・・・。

その一つは、「人間は心・精神こそがその全てを支えている」 という事である。
どんな強靭な肉体でも、心が弱っていては立っていられないだろう。
人間はたった1日で胃に穴があき、たった1日で頭髪が抜けてしまうくらい、繊細であり弱いものだ。
食事も喉を通らなくなるし、血行も悪くなる。目つきも、顔色も、言動も、仕事も、遊びも、全てに悪影響を及ぼす。
打撲やすり傷なら数日で治るが、心のすり傷は・・・
それはそれは人間にとって深刻な問題だ。

礼に始まり、礼に終る。
挨拶に始まり、挨拶に終る。
親しき仲にも礼儀あり。


今日まで生きて来た事に感謝。
今日からの全てに感謝である。

プロの演奏家・芸術家はこのメンタルのコントロールに気を配らなければ嘘だ。
人に気を配れるという事。
人に思いやりがあるという事。
相手の立場でものを考えるという事。
これらが自己満のくだらない自主練よりはるかに大切だ。

熱く、ハイパーな舞台を可能にしているもの。
それはひとつ、素晴らしい先輩に恵まれている事である。
それはひとつ、昔から努力・苦労を惜しまなかった偉大なる先輩がいたからである。
それはひとつ、生んでくれた両親がいるからであるし、守ってくれている先祖がいるからである。
そして、家族、仲間、後輩、楽器・・・・・。

上げればきりがないが、それらは全て実際にはもちろん見えるが、本当の姿を見なければ意味が無い。
それを感じるか感じないかは自由であるが、生き方、舞台、言動、表情、そして何よりも“目”に現れるだろう。

自分の舞台芸術を可能にしているもの。
それは人間であるし、「感謝」そのものである。

テクニックやフレーズ、楽曲、フィルイン、それも確かに支えているが、それは最も表面的なものだし、当たり前の事だ。

こんな事を感じながらあのアンコール楽曲を演奏していた。

事件だな。

プロトタイプに感謝謝!
PR
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3]

Copyright © 和太鼓奏者・御木裕樹 オフィシャルブログ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]