忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
御木裕樹
性別:
男性
職業:
和太鼓奏者・音楽家
趣味:
マジック・ゴルフ・テレビゲーム・麻雀・ものまね・釣り・映画やビデオを見る事・強く握手して泣く事
自己紹介:
1973年9月22日、東海道 品川宿 南品川宿出身
丑年、乙女座、A型
視力:左・右1.0
足のサイズ:25cm

好きな言葉:努力、根性、信は力なり。
特技:人間を見極める事、嘘を見抜く事、先を読む事。
短所:心配性、後悔する事。
譲れない事:礼儀、挨拶、義理、筋、人情、基本の大切さ、このブログ。

よく言われる事:昭和の漢、明治の漢、熱血、繊細、完璧主義、鋭い、神経質、面白い、変わらず信念を貫いてほしい。

嬉しい経験:ゴルフでエースを達成した事。シュノーケリング中に目の前にマンタが現れて一緒に泳いだ事。

苦い経験:過密な公演ツアー中にホテルで起きたら、次の公演場所に行く為に乗るはずだった飛行機の離陸時間を過ぎてた事(笑)
ちなみに次の便でリハーサルにはちゃんと間に合ったが、かなり反省した苦い経験。

痛い経験:ナムコの『太鼓の達人』が出た頃ゲーセンでやったら、後ろに並んでた女子高生2人組に「チョ~マジで上手くな~い!」と、語尾上げで誉められた事(笑)

面白い経験:仕事の打ち上げでみんなで高級クラブに飲みに行った時に、マジックはやらされるわ、モノマネはやらされるわで大汗かいて、全然打ち上がれなくて(笑)、挙句の果てに帰り際にホステスに「ありがとう!本当に楽しかったです!」って言われて、どっちが客だか分からなかった事(爆笑)

好きな生き物:ホホジロザメ
好きな色:紫、黒、金
好きな人:軽くてノリが良くて冗談ばかり言うが実は“本物”の人。飾らない人。
嫌いな人:挨拶ができない人、またはしない人、礼儀・作法が無い人、気が利かない人、マイペースな人、自己中心的な人、初対面でタメ口の人、売れたいと思ってる人、金・地位・名誉の為に人を裏切る人、ネバネバしてる人。

好きなテレビ:スクール★ウォーズ、西部警察(シリーズ)、ドリフ大爆笑、遠山の金さん(杉良太郎バージョン)
好きな映画:ターミネーター(1~2作)、ジョーズ(1作目)、猿の惑星(1~3作)、バタリアン(1作目)

好きな食べ物:納豆、梅干、白米、味噌汁、ハンバーグ、たこ焼き、すもも。
嫌いな食べ物:セロリ、蟹、甘いもの。
好きな飲み物:ポカリスエット、生ビール、水、コーヒー。
タバコ:MILD SEVEN
好きな音楽:HIPHOP、ラップ
好きな国:フランス領・ポリネシア(タヒチ)
好きな場所:静岡県・伊豆半島(特に伊東)、沖縄
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 魔法 

今日は、人との出会い。
そして、そこから生まれる不思議なパワーを感じた。
先輩からの電話も重なり、さらに摩訶不思議なご縁もあった。
皆様に支えられ、応援され、可愛がられており、光栄極まりない話である。

いつでも、最高の出会いとチャンスを頂いている。
そしてご先祖様にも、常に守られている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


叩き出されるリズムは、その人の生き方だ。
演奏は人生そのものだ。

その生き方は、人との出会いによって大きく左右される。

人間は、一人では生きていけない。
助け助けられ、生きる人間社会において、避けては通れない道である。

色々な出会いがあり、別れがある。
出会うから別れる。
必然である。

生きるから悲しい。

生だから、切ない。

真剣だから、怒る。

あまりにもわからないから、呆れたりもするが、それもこれも現実。

喜怒哀楽の渦こそ、生きている証。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


小学生の時に、いつも冗談ばかり言っているカッコイイ人と出会った。

もちろん大人だが、いつもどこまでが冗談で、どこまでが本気かわからないくらい、楽しませてくれた。
しかし、いざ時間になると人が変わった様にゾーンに入る。

ジョークは通用しない時間だが、洒落は通用する。
これがまた粋で、イナセだと思った。

その頃、テレビで遠山の金さんを見て同じ様に感じた事がある。

それは、冗談が好きで、軽い、遊び人の金さんの時と、お奉行様の遠山左衛門尉の時のギャップだ。

惚れた。

同じ様に映った。

ギャグ、締める。
そして裁きの後の、心のケア。人情。
杉良太郎さんが演じる、金さんが号泣しながら『これ…にて……一件落……一件落着‼』という、放送回がある…。
これは、レアなシーンだと思うが、印象に残っている。


あの金さんの人柄があのお奉行様の性格を創り、あのお奉行様の性格が遊び人の金さんを創る。
というか、どちらも本人そのものなのだ。

常に真面目ぶっても、結局はバレるしつまらん。

小学生ながら、本気で考えた。



そして到達した。



それは、ケジメ。


やる時はやる。


分ける。


もちろん同じ人間だが、ケジメは奥深い。


気がグーっと楽になった。


いつでもフンドシを締めてたら、お尻が痛くなっちゃうもんな。




ギャバンもそうだよな。
お茶目な一条寺烈さんと、キメるギャバンで初めて一つ。


結局、昔からソコが好きなんだな。



ツボとは、こういう事だ!

パーフェクト‼










PR
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[253] [254] [255] [252] [251] [250] [249] [246] [245] [243] [241]

Copyright © 和太鼓奏者・御木裕樹 オフィシャルブログ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]