忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
御木裕樹
性別:
男性
職業:
和太鼓奏者・音楽家
趣味:
マジック・ゴルフ・テレビゲーム・麻雀・ものまね・釣り・映画やビデオを見る事・強く握手して泣く事
自己紹介:
1973年9月22日、東海道 品川宿 南品川宿出身
丑年、乙女座、A型
視力:左・右1.0
足のサイズ:25cm

好きな言葉:努力、根性、信は力なり。
特技:人間を見極める事、嘘を見抜く事、先を読む事。
短所:心配性、後悔する事。
譲れない事:礼儀、挨拶、義理、筋、人情、基本の大切さ、このブログ。

よく言われる事:昭和の漢、明治の漢、熱血、繊細、完璧主義、鋭い、神経質、面白い、変わらず信念を貫いてほしい。

嬉しい経験:ゴルフでエースを達成した事。シュノーケリング中に目の前にマンタが現れて一緒に泳いだ事。

苦い経験:過密な公演ツアー中にホテルで起きたら、次の公演場所に行く為に乗るはずだった飛行機の離陸時間を過ぎてた事(笑)
ちなみに次の便でリハーサルにはちゃんと間に合ったが、かなり反省した苦い経験。

痛い経験:ナムコの『太鼓の達人』が出た頃ゲーセンでやったら、後ろに並んでた女子高生2人組に「チョ~マジで上手くな~い!」と、語尾上げで誉められた事(笑)

面白い経験:仕事の打ち上げでみんなで高級クラブに飲みに行った時に、マジックはやらされるわ、モノマネはやらされるわで大汗かいて、全然打ち上がれなくて(笑)、挙句の果てに帰り際にホステスに「ありがとう!本当に楽しかったです!」って言われて、どっちが客だか分からなかった事(爆笑)

好きな生き物:ホホジロザメ
好きな色:紫、黒、金
好きな人:軽くてノリが良くて冗談ばかり言うが実は“本物”の人。飾らない人。
嫌いな人:挨拶ができない人、またはしない人、礼儀・作法が無い人、気が利かない人、マイペースな人、自己中心的な人、初対面でタメ口の人、売れたいと思ってる人、金・地位・名誉の為に人を裏切る人、ネバネバしてる人。

好きなテレビ:スクール★ウォーズ、西部警察(シリーズ)、ドリフ大爆笑、遠山の金さん(杉良太郎バージョン)
好きな映画:ターミネーター(1~2作)、ジョーズ(1作目)、猿の惑星(1~3作)、バタリアン(1作目)

好きな食べ物:納豆、梅干、白米、味噌汁、ハンバーグ、たこ焼き、すもも。
嫌いな食べ物:セロリ、蟹、甘いもの。
好きな飲み物:ポカリスエット、生ビール、水、コーヒー。
タバコ:MILD SEVEN
好きな音楽:HIPHOP、ラップ
好きな国:フランス領・ポリネシア(タヒチ)
好きな場所:静岡県・伊豆半島(特に伊東)、沖縄
 [PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プロフェッショナル本当の初日は1989年(平成元年)、場所は高輪プリンスホテル(東京・港区)。
広い広い宴会場だ。
自分はまだ中学校卒業後の少年である。
この自分にとって記念すべき、プロ初舞台に上がる直前・・・

の前に・・・



この頃には既に趣味でマジックをやっていて、かなり研究していた。
クロースアップマジック(テーブルマジック)と呼ばれる、目の前でわりと少人数に見せるジャンルである。
カード・コインを中心に所構わず演じていた。
練習して覚えた技法などを人に見せたくてたまらないのだ。


当時は中学校卒業後で、これから太鼓で食っていくという時期だから、まだ飲食店などでバイトをしていた。
毎月のバイト代のほとんどを手品用品につぎ込む。
バカだと思うでしょう?
普通はね。

しかし、マジック披露時のご祝儀(おひねり)がバイト代を上回るのだ。
全く考えもしなかった事だった。
予測不可能である。
そのお金でまたマジック用品を買い、家の冷蔵庫にはバイスクルが並び、部屋の本棚にはマジック関係の参考書などがビッチリと並ぶ。

「芸は身を助ける」

偉大なる先人は、本当に素晴らしい言葉を残している。



マジックを本格的にやり始めるキッカケとなったのは、Mr.マリックさんの演技を見て衝撃を受け、影響を受けたからである。
毎日研究して、VHSのビデオテープが擦り切れるほど見ていた。


プロフェッショナル初日、高輪プリンスホテル。
この日はディナーショーで出演者が複数いる豪華な舞台だった。
自分はまだ中学校卒業後の少年で、当時所属していた伊藤多喜雄バンドでの出演だ。
この自分にとって記念すべき、プロ初舞台に上がる直前・・・

緊張しまくりながら楽屋を後にし、舞台上手袖に移動すると・・・
なんと舞台では、Mr.マリック氏がスプーン曲げを行っていたのである。
こんな事ってあるのか!?
しかも自分がプロとしてギャラを貰って演奏する初舞台の直前の出演者がマリックさんである。


マリックさんのショーが終わり、袖ですれ違う。
「お疲れ様でした!」
マリックさんとご挨拶をして、パワーを頂いた!
そして舞台に上がったのである。




ちなみに本当の緊張の理由は他にある。
プロ初舞台、マリック氏だけではないのだ。

実は当時はまだ15歳で、付人・ボーヤ(バンドボーイ)として同行していたのだ。
楽器や機材の搬入、セッティング、チューニング、搬出、積み込み、靴磨き、アイロンがけ、楽屋セッティング、カバン持ち、買出しにゴミ捨て、弁当運び、物販、チラシ折込、などなどなどなど・・・・・

すなわち“修行中”である。
(もちろん現在も、いつまでも修行中であるが)

本番数時間前に「今日出ろ!」という感じで急遽自分の出演が決まったのだ!(笑)
嬉しいやらドキドキやら。
こんなに条件が重なれば緊張しまくるって。
急に出演する事になるし、プロ初舞台だし、楽曲のキメやブレイクも心配だし、おまけにマリック氏!!!

しかも、さらにである。
和太鼓ではなく「ジャンベ」(アフリカンパーカッション)での出演である。

なになに?
ジャンベも演奏できたのかって?
イヤイヤイヤ、この日初めて演奏した(爆)


いやいやいや、芸人はこんな事日常茶飯事ですよ。
このありがたさ、感謝を、自分の骨と力にしないとね。

プロフェッショナル

はね。
PR
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[27] [26] [25] [24] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16]

Copyright © 和太鼓奏者・御木裕樹 オフィシャルブログ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]